インドネシアで楽しく暮す 12−1

 住環境を変えてみよう 1

私はインドネシアで四箇所に住みました。24日に五箇所目に引越しをします。96年、初めてインドネシアへ赴任してきた時はリッポチカランのクラウンコートというアパートの8階でした。ジャカルタではありませんでした。全て、赴任前に時の社長が手配してくれ私たちのために準備しておいてくれたところでした。家賃は、1ジュタRp(5万円くらい、当時にレートは20Rp=1円でした)でした。殺風景な二部屋にシングルベッドが一つずつ、シャワー室とトイレが一緒、台所が着いていて、ガス、水、は供給されていた。印象としてはこんなところに放り込まれたと思った。現在は、大変にぎやかになっていて、おおきなスーパーや日本食レストランも大丈夫かと思うほどあるが、同時は、殺風景で、食事をするにはショッピングモールのインドネシアンレストランでするしかなかった。いい悪いではなくて、選択の手段が無かった。テレビはインドネシアの何チャンネルしか写らないので、時間の過ごし方にも困った。三人別の部屋だったが、良く集まって、インドネシアの生活について仕事について、愚痴を言い合ったり、聞き役をしたりだった。

二三ヶ月もしなう位置に、日本人の住環境がどんな物か分かってきた。皆さんジャカルタの高級アパートに住んでいる。チカランやブカシの工業団地に比較的近いところへ住んでいる人たちも、私たちよりはるかにグレードの高いところに住んでいることが分かった。

 8月に赴任だったので、11月くらいから雨季に入った。湿度が大変高く洗濯物は乾かない、部屋の中に干すしかないので、部屋の全体がじめじめした。トカゲの小さいチチャックという動物がそこかしこと徘徊しだした。今はなんとも無いが、当時は非常に気になった。寝ている最中にベッドに潜り込んできたりした。そのうちネズミが徘徊する光景を良く見かけるようになった。

今でもこのアパートは韓国の人たちが多く住んでいる。日本人は住んでいないと聞いている。だから、日本人にこの話をしても、何処のアパートなのか知らない。

 インドネシアで楽しく暮す 12−2

 住環境を変えてみよう 2

半年で、クラウンコートから出た。その時、一緒にいた日本人の若者の一人は奥さんと子供と一緒にジャカルタへ住むようになった。もう一人は、独身だったが、活動的で環境に溶け込みやすい人だったので、彼女を作って、別の一軒家に住むために出て行った。私だけ残ったが、警備がしっかりしている外国人向け集合住宅がチカランの北のほうにできたと言う話を聞いて、下見に行き、気にいったのでそこへ移ることにした。家賃は2ジュタで10万円くらいだった。しかし、支払うのは使った電話代だけで、水や電気代は含まれていた。そこが、グラハチカランでした。結局、ここは出たり入ったりで、合計6年以上は住んだでしょうか。この住宅は当時新築で、奥にはインドネシア人のための分譲住宅地も広がっていた。塀や鉄条網で囲われた外国人専用の住宅地は中に広い日本食レストランもありテニスコートやスイミングプールもあり、ドライビングレンジも工事中だった、結局それは完成しなかったが、100人近くの日本人が一時期は住んでいた。カラオケまで開業をした。1998年の暴動の前がピークだった。その時、帰国した日本人の半数ほどがここへは戻ってこなかった。ジャカルタからとおいことと、周りがあまりにもローカルだから治安的に心配したのでしょう。50人ほどになり、それから増えることは無かった。私が帰国した、1999年夏には30人ほどになっていた。

最初、二年半ほど住んで、仕事が終わり、日本へ帰った。

2000年夏、再びグラハチカランへ戻った時には20人ほどだった。レストランも営業をしなくなっていた。ミニスーパーも休業になった。寂れる一方になった。新しい人は入ってこない。家賃は4.5ジュタだった。その時のレートが90Rp=1円だから、5万円くらいと、住環境は変わらないが、新たに入る人がいないので、円で換算すると半値になっていた。経営も苦しくなり、事務所やレストランを閉鎖し、日本人向け弁当の配達業も始めた。経営も今までの持ち主から、ユディさんに売られた。ブカシ警察のトップに近い人で、それ以後、警察が仕事をするためなのか何か良く分からないが、部屋を借りるようになった。おかげで、ユディさんとはココを出て、帰国するまで親しく付き合うようになった。一年経過し、田舎暮らしがつづいたので、ちょっと、皆のすなる、ジャカルタ暮らしをしたくなった。

 インドネシアで楽しく暮す 12−3

 住環境を変えてみよう 3

 中央ジャカルタの中心、スマンギ交差点のアストンホテルに引っ越した。大変目立つホテルで三本のピンクのノッポビルディングで構成されていて二棟はアパートメントになっている。日本人や欧米人が多く入っている。なんと、1500US$である。当時のレートで約20万円だった。一日7000円である。何がいいかというと何もない。17階で景色がいい?それだけ、通勤がまた大変。出勤は高速道路にすぐは入れたが、帰りは一方通行とスリーインワンを避けるために大回りをしなければならなかったし、渋滞が酷かった。3時間かかる。出勤は1時間だった。我ながら、とんでもない状態を選んでしまったと大変後悔した。しかし、半年の契約で、前払いしたので、出てしまうわけに行かないし、何かいいことがあるかもしれないと期待した。

 しかし、何を期待するのか、考えてみれば期待する事柄がない。その通り、何も起きない。一回、洪水があって、地下駐車場に置いてあった車が移動できなくなったことぐらい。水が引いて外に出すことが出来たが、高速道路が洪水で冠水し、通行止めになっていたが、構わず進入して走って会社に向ったが何とか通ることが出来た。その時は只だった。其れが良いことだった?

 おおきな損をしたと感じ、期限どおりにそこを出て、また、グラハチカランへ舞い戻った。今度は3.5ジュタになっていた。住人は私を含めて4人である。五列並んでいる長屋の一番手前の入り口に一番近い場所に入った。そのほか二列目の一番奥に日本人、一列目の一番奥にオーストラリア人、そにて、私の部屋の下に持ち主(大家さん)になったユディさん夫妻(子供はいない)それだけである。

 参列めより奥には人は誰もいない。ゴーストタウンの様相である。新築から7年過ぎていた、手入れをしないので、朽ちかけ始めていた。

インドネシアで楽しく暮す 12−4

 住環境を変えてみよう 4

そこに2006年のパニック障害帰国まで住んでいたのだが、大変快適だった。もう、近所の人とは顔見知りになって、近所では有名人になっていた。危険など感じようがない。そうこうするうちに、マリアさん問題が深刻になってきた。彼女のために大変気分は疲れた。日本人が出て行った。そして、オーストラリア人も出て行った。管理人家族と私たちだけが残った。だからと言って、出て行こうとは全く思わなかった。

 マリアさんがらみの事件が色々あって、そのうち、無くなって来て、落ち着いて、やれやれのころから、社長が交替し、会社で私に対する虐めと、排除手段が強烈になってきた。かなり、会社でストレスが増してきた。そのれに、帰国も近くなって、あちこちへ無理をして旅にも出ていた。その結果パニック障害になってしまった。私のウェブサイトで確認してもらえばいいと思いますが、酷かった。それでも、住環境には満足していた。病院アニッサも近かったので、何回か病院にも世話になった。

 その間、大家さんのユディさんと奥さんは私のことを大変心配してくれて、良く何度も見舞いに来てくれた。大変感謝している。

 やむ終えず、無理やり、帰国してしまったが、改めて、帰国の整理をするためにインドネシアへ来た時も、今度来たらまた、住むように言われた。私も,そのつもりにしていたし、実際、現社長にも頼んだ。

 都合、7年間ぐらい、ここに住んだが、いい思い出が一杯の場所だった。多くの日本人の入居者とも親しくなった。再び訪れることは無いと思うが、今行けば皆さん大歓迎をしてくれるでしょう。しかし、私は、その地では死んだ人間だ。色々な場所で死んだうちの一箇所になった。

 インドネシアで楽しく暮す 12−5

住環境を変えてみよう 5 

そして、日本の一年は東海道“鞠子の宿“とろろ汁の丁子屋で名の知れた静岡の丸子の家で自宅療養と洒落込んだ。

 休養、療養、栄養も充分で太ってしまって、これではいけないとまた、インドネシアで一仕事をする画策を錬った。

そして、現在の会社で働くため、再び、インドネシアに住むことになった。最初の住処はデルタマスの一軒やというかつながった一軒やというか、家賃1.5万円くらいの家だった。現社長があてがってくれた家である。1996年の時もそうだったが、自分で見て確認した家ではなかった。どの道、一般の日本人が住む住宅地でも住宅でもない。私でなければ絶対逃げ出すような環境である。私は入った当初は何の不自由も不満も感じなかったが、次第に、近隣に対する不満が出てきた。と言うのも、私が入った一角は、インドネシア人にしてみれば高級住宅地である。入居できるインドネシア人は中流以上の小金持ちの人たちである。一種のプライドがある。車もある。駐車場も屋根をつける家が多い。そういうわけかどうか分からないが、態度が総じて横柄である。お手伝いさんの扱いも横柄である。使い慣れないインドネシア人がお手伝いさんを使い始めたという感じで、スマートさに欠ける。

隣近所の迷惑をあまり、考えなくてもいいところに今まで住んでいたのでしょう。私のホームページ

http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage005.html

の引越し、に詳しく書いてあります。多分、皆さん、驚くことでしょう。

 インドネシアで楽しく暮す 12−6

住環境を変えてみよう 6

二年契約をしたので、ここがインドネシアでの終の棲家になることでしょう。今のところ、1週間程度の住み心地ですが、居間が1階に、二階に寝室や風呂場があるので、階段の上り下りをしないと生活が出来ない。その点、いいのやら悪いのやら、まだ、結論を出すのは早い。とにかく、家賃の割に豪華な邸宅である。

 ガロンボトルをひっくり返して使う。日本語の名前は知らないがこちらではウォーターディスペンサーと言います。一般的には熱湯と冷水が出るようになっています。勿論スイッチを切れば普通の水になります。何処にでもあります。会社にも家にも、これがないと生活できないと言うくらいの必需装置です。

これだけに構造の家で、もし、ジャカルタのポンドックインダーの一軒家なら十倍はします。そして、1500US$も払ってジャカルタの高層アパートに住んでも、これほどの構造の部屋はありません。

こういうところへ住める条件は、インドネシア語が普通に出来ること、ジャカルタから40km以上離れていても大丈夫な人、日本人が近所に住んでいなくても大丈夫な人、ほかの日本人と条件が同じでなくても構わない人。たったこれだけの条件でこういう住宅に格安で住めるのです。

 もうひとつ、ちょっと、気合を入れて自分で探すことが出来る人。他人の情報ばかりを待っていては見つかりません。

私の住んでいる町というか新興住宅地もそうですが、インドネシア人のための(当たり前)分譲住宅地はあちこちにあり、そこのすべてで、売りたい、や、貸したい、のビラが貼られている家が沢山ある。連絡用の電話番号も必ず書いてある。

 是非、自分で探してみてください。それがまた、インドネシア馴染む手段の一つになるでしょう。そういうことが出来ない、人は馴染むのが遅い人でしょう。会社の社長さんも、おおきな背もたれの椅子に踏ん反り返りたい気持ちも分からないわけではありませんが、その実、田舎でインドネシア人に混じって住んでいるなどと言うのは、もっと、いい気持ちになるし、インドネシア人も親しみを感じます。http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage005.html

インドネシアで楽しく暮らす 15−60

斜めからインドネシアを眺めよう 60

インドネシアの家は中流になると床はタイルを敷き詰める。なぜ、木の板にしないのだろうか、木材は豊富なのにである。中流以下になると、これも木材ではなく、竹とヤシに葉になる。不思議である。

家の外、扉の前にもタイルがしてあり、其処に椅子を持ち出して座り、夕涼みをしているのでしょうか、それが、ステータスになっているようです。

その、タイルの床、どうも好きになれない。固いことが嫌いなのです。絨毯を敷けばいいのですが、すべてというわけにはいきません。濡れやすい場所はなおのことです。階段もタイルで敷き詰められている。滑りやすいし、反発衝撃も大きい。危ないとは思わないのでしょうか。

なにより、物を落ちしたとき壊れやすいし、割れやすい。陶器やガラスは20Cmくらいの高さからでも100%助からない。

携帯電話やゲーム機やデジカメやラップトップなど絶対落とせない。落としたら最後、水の中に落としたと同じ結果になってしまいます。

インドネシアの人の多くは、その精密機器の取り扱いが乱暴である。インドネシア人に貸す時はかならず、丁寧に扱うよう、絶対に落とさないように注意します。

インドネシアで楽しく暮らす 15−552(下手クソ会)

斜めからインドネシアを眺めよう 552

 決して下手クソばかりではないが、下手クソ、大歓迎という、趣旨の会ということで、時々馬券賞金の提供者として出席しているアクラブ会のコンペに参加した。一か月ぶりのカラワンインターナショナルでのゴルフである。成績は横に置いてカラワンインターナショナルゴルフの様子を書く。まず、メンバーの皆さんの評判から、食事がまずくなった。カラワンゴルフは他に比べて暑い。カートを使わない方が普通なので、後半、疲れがたまってくる。これらが悪い方の評判です。いい方の評判は、余りないが、大きいのは、会員権の獲得費用が安い、3〜4千ドル(名義変更料を含む)で手に入れている人が多い。それだけ、メンバーになっている日本人が多く、手放したい人も多いかららしい。年会費はメンバーで五百万Rp、一年会員は千四百万Rpらしい。これも、他に比べると安い。

 今日ゴルフ場へ払った金額は、朝、緑茶を飲み、それを含めて八千円くらいでした。キャディーへチップと参加費と馬券費で総額、一万一千円くらいでした。カート道は整備されて、使うこともできるが、使えば、千円ほど余計に払わなければならない、ジャバベカと同じ価格帯になってしまう。

私の印象は、そんなことで、日本人のメンバーが圧倒的に多く、インドネシア人や韓国人、欧米人を見ることは殆どない。コンペも日本人関係のものばかり、インドネシアの経験が少ない日本人にとっては、一番、気楽にできる場所だと思う。

 コースは27ホール有り、ジャスミン、オ−キッド、ロータスです。コンペを二グループら三グループに分けてスタートすると難しさが違って不公平の様な気がするが、それを、いう人はいないようです。

 グリーンが難しい。これはその時々の印象なので、印象は分かれると思うが、私にとっては、難しい。微妙に曲がることと上り下りの程度を読みにくい。一メートルくらいの斜面の横に着けた時、ワンパットでは、全く入らなかった。方向と距離がぴったり会わなければ入らないわけだが、それが、難しい。

 微妙な上り下りのコースが多く、歩きなので、ロングホールを登り続けるのは大変。いい運動になるが、 微妙な上り下りのコースが多く、歩きなので、ロングホールを登り続けるのは大変。いい運動になるが、疲れてしまって、疲れていなくても飛ばないボールがなお飛ばない。あきらめているが、それでも、歯がゆい。

 

本日特筆すべきことは、私がドラコン賞を獲得したことです。というのも、13人中私だけがフェアウエーをキープしたのでした。一組目だったが私は、恥ずかしいから、名前を書かないで欲しいと頼んだが、万が一のことがあるからと言って、チームリーダーが私の名前を書いて旗を立ててくれてしまっていたのでした。上がってみたら、その後の人たち全員まっすぐ飛ばなかったそうで、私の旗が残ったということでした。ちなみに130m位でした。

 

 カラワンバラットのゴルフ場とは反対側のKIIC工業団地の入り口付近。

チビトゥン出口、MM2100と反対側の風景、カリマラン川に架かる橋の上。

 

3月21日インドネシアで楽しく暮らす 15−553(フィラの手配)

斜めからインドネシアを眺めよう 553

一昨日はエアーチケットを二種受け取った、ひとつはシンガポール、もう一つはPalangkaraya

シンガポールはワーキングビザ収得のため、四回目である。パランカラヤは純然たる観光というか、旅行です。カリマンタン トゥンガーだが、南です。バンジャルマシンに近いが、ジャカルタからバタビアしか出ていない直行便で行くことにしている。何があるのか、私も、まだ、知らないが、とにかく行ってみる気になったので、行ってみて、何があるのか、聞きながら、界隈を徘徊しようと思っている。私流です。いずれも、いつかは書かない。事後報告にする。

g庭の花(名前は知らないが、アジサイの原種に近いような気がする)とバナナ(テンプラ用の種類)バナナは、次から次へと収穫できるが、10本ほどある木(木というのかどうかわからない)が全部、そのまま食べる種類ではないので、あまりうれしくない。

ところで、四月末で今のところの契約が切れる。二か月ほど前から、次の住処を探していたが、つい、一週間ほど前に、分譲住宅を買うことに決めた。今の家賃は二万円ほどだが、十年払い続けるなら、このあたりのインドネシア人が住む、高給住宅地の一軒家を買える。そこで、買うことにした。200平米の土地に2DKの120平米の平屋が乗っかって、240Juta(およそ240万円)です。収得税は5%で、たいしたことはない。固定資産税は一年、三万円ほどです。インドネシアに後何年居るかは断言できないが、おそらく、二年ぐらいでしょう。日本へ帰ることになるでしょうが、年に何回かは一週間とか二週間のインドネシア滞在が必ずあると思うので、この家を別荘の様に使えば、経費の節約になるし、余計な手配や心配をする必要もなくなる。元気で、仕事ができる体調が続く限りは、役立たせることができる。

バナナやドリアンやマンガの様な実がなる植物を植えたいと思う。

また、インドネシア人に貸して置けば、家の状態も保つことができるし、私が泊る時は準備や世話をしてもらえるし、一人孤独でなくて済む。

そのお金はどうするかって?その位は、インドネシア内でかき集めれば湧いて出てくる仕組みになっているので大丈夫、日本から送ってもらう必要はない。

会社に家賃の負担をしてもらう必要はないので、私の部門の固定費を下げることができる。良いことばかりである。ジャカルタやその周辺都市の高い家賃のアパートに住む、一般的な日本人には、私の様な生活はなかなかできない。

4月18日インドネシアで楽しく暮らす 15−581(ピンダーハン)

斜めからインドネシアを眺めよう 581

 ピーターパンではありません。引っ越しという意味です。1996年インドネシアへ初めて引っ越してきて、二日後に覚えた言葉です。

予定通り新しい家にいる。住所はチカラン(cikarang)とだけにして置きます。インドネシアで四回目くらいになるでしょうか、ピンダーハンが、最初の時には、友人に、転居案内を出しましたが、方法はハガキでした。今回は、メールで案内をしています。グログやウェブサイトでは公表しません。

 昨日今日に引っ越しすることは公表しました。面白いことに、車が二台、後を追っていたそうです。私の移転先を知らされない人で、どうしても、知りたい人がいたのでした。一台は、引っ越し先を通り過ぎた処で、停車し、30分ほど、止まっていて、立ち去ったそうです。もう、一台は、三回の往復で三回とも、引っ越しの車の後を着いてきたそうです。止まれば止まり、動き出せば動き出したそうです。わざわざ、土日で、二台も使って、私の移転先を知りたがって人がいたことが興味深い。

 今晩から、この家の住人です。KITASの住所はここに変えてあります。イミグレもいい加減だと思います。日本でいる住民登録をするときに、実際にそこに住んでいるかどうか確認しない。イミグレの管轄外ではまずいが、管轄内なら、どこか、好きな住所で申請すればそれで通ってしまう。そして、選挙権が与えられるわけでもないし、町から、何かの知らせや案内が来るわけではないので、その後、何の不都合も生じない。

日本の場合はどうでしょう、幾ら外国人でも、住民票と実際の住所が違っていれば、数々の恩恵を受けることができないし、権利を行使することができないので、一致させなくても構わないでしょうが、自分の利益のために一致させる必要がある。

 私が好きな写真で、私は大傑作だと思っています。パンガンダランの宣伝写真に使ったら、多くの皆さん誘うことができる写真だと思います。

 最近の製品です。樹脂名は書きませんが、この樹脂で、この形状は、インドネシアでは私の部下しかいない事を断言できます。バリを取ってないなどと無粋な上げ足を取る人は其の人にはできないはずです。

引っ越し 新居 追跡 技術

 4月19日インドネシアで楽しく暮らす 15−582(落ち着いた日)

斜めからインドネシアを眺めよう 582

元気に会社へいったはいいが、下痢の状態が改善されておらず、大変、難しい状態になっている。それでも、朝から、ミーティングや会社訪問が続いて、多忙な、一日でした。商売につながるような話はあるのだが、いずれも、価格が問題で、可能性が低いことが分かった。多分、客先は、現在の製造会社に対する値下げ圧力の材料に使うに違いない。そんなことは百も承知で、安い値段をぶっつけようと思う。どこの会社も、目標価格は原料費の1.2倍くらいの価格である。とんでもなく安い価格でまともに相手をしていられない。そっちがそっちならこっちもこっちである。

 新製品の金型の発注をした。確実にできる方法で進めることにする。余計な苦労をしたくないから、斬新的で実験的な方法は避けた。これが、10日位で完成したら、改めて、生産速度や寸法公差の改善を考えようと思う。

 今週は私の担当以外の部署での来客が多いようで、日本からも、インドネシアのちょっと離れた場所からも来るそうで、多いときに9人一遍に来るそうで、迎える側は大変だと思う。印象を良くするために、あちこちの手入れや、整備を進めているが、何せ、かなり、手入れの悪い環境のまま、引き継がれてしまっているので、ちっとやそっとではつくろいきれない。整備が若干進んだ場所を遠くから見てもらうしかない。引率する人は、そういう処に気を使う必要がある。なかなか大変だと思う。

 来週もVIPの訪問を受けることになる。会社の名前は変わっていることを願う。私の存在は控えめに、そして、尋ねられれば、速やかに正確な情報を提供する準備はある。

今でも盛んに行われている地曳網、日本であるようなショー見世物ではありません。

パパンダヤン(バントゥンの南の山、エーデルライズの一種が群生している、温泉保養地も近くにある)

遅延、他人事、安価勝負

住宅
随筆
inserted by FC2 system