文化

食文化のすごい一部

斜めからインドネシアを眺めよう 613

 内容はガラッと変わります。グルメです。

典型的な道端の食堂、不法出店です。ここのメニューにも垂れ幕に書いてあるようにソプブントゥットゥSop bentutがあります。70円位でしょう。女性が下ごしらえをしています。普通のレストランでソプブントゥットゥとなると600円以上になる。高級ホテルのレストランではオックステール スープ2000円以上になります。私はピンキリまで食べたことがありますが、味は同じです。量は日本のラーメンどんぶりに一杯くらいです。骨付きの肉の厚さは2cm位で、三つ入っています。骨のまわりの肉付き量も牛の尻尾ですからそんなに変わらない。

 

 場所代、人件費、材料費、容器費などの違いで値段が変わると思うが、もともとの牛の種類や病気などの管理をしているか、していないかでも尻尾の仕入れ値が違うのかもしれないし、高給レストランの長期保存で処分したい肉を引き取って使うのかもしれない。インドネシアですから、そういう、腐りかけている肉を扱うシンジケートがあっても自然だと思う。

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/

Bakso(バソ)という、日本でいう、肉団子がある。色はグレーである。見た目は魚のミンチを丸くしたように見える。どう見ても、挽肉を丸めたものより、もっと、練りこんであって中も両面のデコボコ感は全くない。これの値段がやはりピンキリで、ミーバソも50円から7〜800円の違いがある。人に聞くと、ヒドイ物は鼠の肉を大量に混ぜているとか、犬を大量に使っているとか、もっとひどい話で、肉ならならなんでもいいとばかり、ゴキブリや毛虫やムカデなども混ぜてしまっているという話もある。鳥フルで焼却処分されたはずの鶏肉が使われているとか。インドネシアですから、本当の話のような気もする。見た目では何の肉が使われているか誰にも分からない。DNAの分析をすれば分かるでしょうが、流通の百万分の一もチェックはできない。

 

我が社の社員食堂の昼食用のご飯です。中に杓文字が見えますが、各自、この杓文字を使って、自分の皿に好きな量だけ盛ります。全員がこの容器の中に上から手を入れて掬うのです。手や袖に着いている埃は全部この容器の中に落ちます。其の杓文字はご飯の上に置いてあります。それを掴むとき手がご飯に触ります。杓文字に着いた汚れがご飯に触っています。何十人と同じ事を繰り返すのです。これは一例で、その他にも指摘する処は沢山あり過ぎて不潔さは目を覆いたくなりますが、私は皆さんと同じようにこれを食べています。他の日本人は、この食堂に近づきません。もし、私以外の日本人がここの食事を一緒にしたら、たちまち、下痢や腹痛に見舞われるでしょう。そして、この様子を批判するでしょう。しかし、この様子を全く知りません。

 “未だに示されていない就業規則“の案に会社は従業員の安全と衛生に関して常に考慮するということが明記してありますが、この状況で、十分、考慮しているというのでしょね、きっと。

インドネシア  ピンキリ  不潔

http://otaindoesiaextrusion.web.fc2.com/newpage0002.html

 

5月21日 ジャワ島随一の大河

斜めからインドネシアを眺めよう 614

ブンバワンソロBengawan Solo作詞作曲をしたグサンさんが亡くなった。私が小学校の頃“ブンガワ〜ンソロ、清き流れ”と音楽の教科書の載っていてよく歌ったものでした。インドネシアへ来て仕事をするようになり、従業員の皆さんと食事会やレクレーションの会で、私が歌うと皆さんから拍手喝さいでした。“可愛いあの子は誰のもの”という“ノーナマニスヤンプーニャン”という歌も、小学校の時に習った歌でした。

 インドネシアについての知識はラフレシアとこの歌でした。いずれも、現地を訪れて確認をしました、その後、何回もいってきました。

 ブンガワン・ソロという歌は、その流域に伝わる伝説を詩にした歌ですが、この、クロンチョンという音楽のメロディーが何とも言えない哀感と共にリズム感がある独時な貴重な印象を与えてくれる。インドネシアには色々な民族の色々な地方独特のメロディーがありますが、私はクロンチョンが大好きです。

以下、ジャカルタ新聞からの抜粋です。グサンさんは一九一七年十月一日、ソロ(現地名スラカルタ、中部ジャワのジョクジャカルタの東北に位置し、車で一時間ほどの距離、)生まれ。演劇や歌を披露する楽団に参加し、第二次大戦中は日本軍の慰問団としてジャワ、スマトラ島各地で歌った。日本軍政下、故郷から東ジャワへと流れるソロ川(ブンガワン・ソロ)を歌った「ブンガワン・ソロ」が日本兵の心をとらえた。戦後、松田トシ(敏江)が日本語訳で吹き込んだレコードが大ヒット。南国歌謡ブームを巻き起こし、日本で最もよく知られる東南アジアの流行歌となった。これまでに演歌、ジャズ、ロック、ポップス歌手らが取り上げ、日本をはじめ海外で最も有名なインドネシアの歌として親しまれている。
 ブンガワン・ソロはジャワ島最長の川。雨期は氾らんし、乾期には枯渇する川の雄大さと、そこに生きる人々の様子を歌にした。ポルトガル起源の伝統的なクロンチョンではなく、欧米のポップスの影響を受けた新しいスタイルのクロンチョン。
 ほかにも、スラバヤ市内の橋で去って行った恋人を待つ心境を歌う「ジュンバタン・メラ(赤い橋)」、思い出の人を回想する「サプタンガン(ハンカチ)」など、戦争当時の男女の離別を歌った作品が多い。

Lagu Bengawan Solo, ciptaan Gesang :

Bengawan Solo, riwayatmu ini sedari dulu jadi perhatian insani musim kemarau, tak seberapa airmu di musim hujan air meluap sampai jauh … mata airmu dari Solo terkurung gunung seribu air mengalir sampai jauh akhirnya ke laut … itu perahu, riwayatmu dulu kaum pedagang s’lalu naik itu perahu

はっきりってブンガワンソロ自体は観光として行くような場所ではない、汚れた茶色い水が滔々と流れているだけで、音楽の時間で習って知っているので、訪れる日本人も多いようですが、皆さん、来なければよかった、という印象が強いようです。私もそういう印象でした。写真を取る対象も殆どなかったので、あまり、写真を取っていません。

 

有名  作詩  作曲

 

 

 

 

 

5月22日  すごい食文化

斜めからインドネシアを眺めよう 615

昼食の時にスイカやメロンをナイフで薄く切ったデザートがありますが、流石の私も時々、食べないことがあります。汚い板の上で、男の子の汚れた手で掴んで、飲んではいけないと言われている水道水で洗った切れないナイフで切ってくれるのです。其の一切れ、一切れをその汚い手で摘まんで、皿に盛ってくれるのです。

クルプックといって煎餅に一種が大きなプラスチックの箱に用意してある、それと、同じようにサンバルも同じような箱に一杯用意されている。その二種類は取りたいだけ取ればいいのです。サンバルはこれでもかというくらいに皆さん大サジで取ります。私は見向きもしません。

おかずは野菜のてんぷらや鶏肉のから揚げやテンペゴレン、野菜スープなどですが、いずれも、皆さんは沢山のサンバル(辛子)を掛けたり、塗ったりして食べる。本当の味は皆さんにわ分からないと思う。何でもかんでも激辛で食べるのです。味など分かるはずが無い、臭いも彼らには分からないと思う。タダタダ、ひたすらに辛くして、おいしいと言って食べているのです。

これには二つの効果あると思います。一つは消毒、滅菌効果だと思う。少々腐っているとか、少々の雑菌はこの辛子で消滅してしまうのでしょう。もう一つは味や臭いを感じさせない効果です。臭いとか、洗剤の臭いがするとか、焦げ臭いとか、腐ったにおいとか、ドブ臭いにおいとか、苦いような味など全部を消すと思う。彼らはそして何の不満もなく大量に食べているのです。

私は辛いものはからっきしダメですから、辛くして何もかも消して食べるということはできません。ですから、そのものの味や臭いを感じます。油の臭いも色々です。それを皆さんに言っても分かりません。私は、味や臭いを純粋に感じながら食べています。決しておいしいとは思わないし、また、石鹸の臭いも時々感じます。灯油のような臭いも感じるが、そんなにまずいとも思わない。こんなものだろうなと思って食べている。皆さんに取っては、日本人が一人一緒に食べているということが、一つの安心感につながっているようですし、仲間意識も感じてくれているようだ。無理をしているのではない、私は、自然に皆さんと一緒の食事をしたいと思っているだけです。こんな不潔で危険が一杯のような食事でも私自身はこれを食べたからお腹を壊したということは一度もないので、一緒に食べて大丈夫だと思っている。ただし、これも、他の日本人にはお勧めしません。ただ、現実を見てほしいと思うだけです。

 

タイヤ二つと三角に支える足が付いて人が引っ張ってきて適当な道端で色々な食べ物を売る移動ミニ食堂です。カキリマ(kaki lima)五つの足、と言います。

 

会社の装置のクローズアップ。着々と準備は進んでいるが、いつ本格的に稼働を始めるかまだ定かではない。

消臭  気にしない  無関心

6月2日  

(^_-)-食は道端にあり

斜めからインドネシアを眺めよう 626

昨日とは話に内容がガラッと変わる。インドネシアに馴染む第一歩は食事をインドネシア人と同じに、一緒にすることで、出来ることです。これができない人にインドネシア人が、どうのこうのと言う資格はありません。

私の昼食はキャンティーンと言って食堂で従業員に皆さんと一緒に食べる、その昼食が不潔である、と書きました。しかし、毎日というわけではありません。昼食時に外出しているときには外で食べます。日本食レストランや中華料理のレストランは、近くにありません。あるのはパダン料理です。

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage061.html

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/

スマトラはブキッティンギの旅行記にパダンに近いということで紹介しています。パダン料理のレストランはどういうわけでインドネシア中どこにでも有るのでしょうか。東はパプアのジャヤプラ、西はアチェまで、どこの小都市にもあります。処が、私はこの料理が、ただただ辛いという理由で、全く苦手です。ということで、どこで食べるかというと、道端のカキリマ(もう何度も紹介していますが、人間の足日本と車が二つと前に倒れないように支えている木の足、合計五つの足ですから)で食べます。汚い、の一言、スプーンや容器類はぶらさげて持ってきたバケツ一杯の水で何回も洗います。それを見た日本人で吐き気をも催した人があるくらいです。

どんな名前の料理かというと、一番多いのがミーアヤム(ラーメンに鶏肉のカスと葉っぱが何枚か入っている)ミーバソ(バソという肉団子がいくつか入っている)ミールブス(日本でいうラーメンに近いが遠い)ブブールというお粥を食べることまできる。ゴレンガンはシンコンやタフ、テンペ等の揚げものです。ピサンゴレン(バナナの天麩羅)も一般的です。スープ類も多い、牛にどこの部位だか分からないが肉付きの骨のスープ、部分によってスープなんとかというのですが知っているのはソプブントゥットゥだけです。色々な種類があるようですが、一々名前を覚えていません。それらの他にナシと飲み物を頼みます。一般的な飲み物は、テー(紅茶?)ですが、テーマニス、テーディンギン、テーパナス、タワールといった種類があります。私はテーパナスのタワールを飲むことがおおい。コピーはコーヒーです。コピーといっただけでは、インドネシアのコーヒーが出されます。粉が溶けないのです。浮いていますがやがて沈むのを待ってのものかそのまま粉と一緒に飲むのかは本人次第です。砂糖をふんだんに入れて超甘くして飲むインドネシア人がおおい。私はずっと昔飲んでみましたが今は飲みません。インスタントコーヒーを頼む時も、粉が無いものを注文します。ネスカフェが一番高級で一番値段が高い。町の道端のテントレストランやカキリマではネスカフェを置いてない。

処で、私の今日に昼食はこのカキリマでした。粉切れのダギンアヤム(トリ肉)に骨が付いている、がりっと音をさせながら砕いて食べてしまう。ちょっと抵抗がある大きさだと、口の中で、チェックして。ペッ地面に吐き捨てます。一緒に通りがかりのインドネシア人が昼食に寄るのですが、変な日本人が一人でそこで食べているのを見て、呆れているようでもあり、一瞬、驚いたようにもみえて面白い。

カプアス川に掛る橋。

足五本  食器洗い  骨付き

6月3日  (^_-)-辛い=おいしい

斜めからインドネシアを眺めよう 627

インドネシア人の食の味は辛いに尽きる。辛いのがイコールenakおいしいのです。私としてはおいしいには色々な味があり、食材が持つおいしさをそれぞれ楽しむのが食だと思うが、インドネシア人は違うらしい。何でも辛ければいいのです。

先日、裂イカとノシイカを見つけた。見かけは日本のものと同じで色がちょっと赤みがかっている。それを両方買って食べて見た。なんと、私にとっては激辛で、すぐ口から出してしまった。イカの味や噛み心地を楽しむなどと言うことは全く無視してある。これをインドネシア人にお土産として渡すと大喜び、おいしい、おいしい、イカのこんな食べ物は始めてだという。

サンバルという唐辛子を潰したものが必ず出てくる、緑色と赤があるが緑の方が辛い。もともと辛い食べ物になおも、サンバルを乗っけたり、食べ物に混ぜたりして食べる。サンバルを食べていると思うしかない。

日本人でも辛い食べ物が好きな人は多いが、インドネシア人にかなわないでしょう、赤ん坊の時から辛い物を食べさせられているのですから、辛くなければ物足りない、おいしくないと言うのも当り前だと思う。インドネシア人にも辛いのが苦手な人もいる。そういう人に会うとうれしくなる。酒を飲めない人と会った時と同じ感覚である。

カキリマで売っている食べ物はインドネシアの一般的食べ物ならなんでもある。ソトアヤム、ソトカンビン等の串焼きアヤムゴレンやベベックゴレン等のから揚げ物、をはじめ、グラメやマス等の淡水魚から揚げや丸焼き。煮付けはない。

私に世話をしてくれているマリアさんの食事と私の食事は、普通は別です。彼女用の食事を作っているときに、炒め物に唐辛子をふんだんに入れるので、その煙が無にしみる、臭くて耐えられない。クレームを付けるが一向にやめようとしない。同じ場合でも彼女はサンバルを一杯混ぜて食べます。

アボガドでもグアバでもドリアンでもマルキサでもドゥクでも何でもある。アイスクリームもそれらの味のものを売っている。ドリアンアイスクリームはおいしいですよ。オグラアイスも売っている。小豆が小さくて硬い。

ヨーロッパ乗りいれを拒否されていたガルーダインドネシアのヨーロッパ行きが解禁された。まずはアムステルダム便から再開した。9月フランクフルト、ニュールンベルグへ行くつもりなので、使えたらいいと思う。使えれば、安く行けることを期待する。

通勤バイク 日本の冬のような服装をして運転している。暑くないそうです。逆に寒さ防止なのです。ジャンパーやセーターは皆さん持っています。日本人は持っていませんし、着るはずがありません。

Hokabentoの出前。インドネシアでは一番有名なファミリーレストランです。メニューの名前が日本食レストランにあるものと同じですが、味は無国籍です。今や、インドネシア中の中都市以上、どこにも店があります。食事をすると抽選補助券、抽選権がもらえ、日本観光が当たるくじ引きに参加できます。そんな、キャンペーンもやっています。

辛い  サンバル  味覚

(^_-)-Gampang Bahasanya

斜めからインドネシアを眺めよう 643

ここ何日か前から、タイトルをインドネシア語に替えています。ちょっと気分転換のためですが、インドネシア語の紹介も含んでいます。お分かりになりますか、日本人の中にはインドネシア語が在るということすら知らない人が多いと思います。私も、インドネシアへ行くと言うことが決まるまで、知りませんでした。その時にインドネシアという国はインドネシア語が標準語のなっていることを知りました。

赴任するからには、赴任先の人たちに失礼がないようにと、若干の言葉と習慣について勉強をした。

その時、感じたことだが、インドネシア語(マレー語)と知らずに知っていた、使っていた、聞いたことがあった、という単語があって、親しみでした。例えば、マタハリ、ハリマオ、ラヤ、シンガー、ノナ、アナック等でした。また、100%ではないが、英語と違って、書くにも読むにもローマ字に近いことを知った。文法はどうでもいいから、単に単語を沢山覚えれば良いことも分かった。

これは一つ、本気になって覚えてやろうと思った。そして、半年間、辞書を常に持ち歩いて毎日五つ以上の単語を覚えた。日本で三カ月単に覚えて、インドネシアで半年、朝のミーティングの折り、インドネシア語で意見を言うために前の日の晩に、言いたいことをインドネシア語に直し、記憶した。その半年間はおそらく一日十以上の単語を覚えたと思う。

その半年を過ぎたころ、もう、前の日に準備をしなくても、皆さんが言っていることは分かったし、質問をインドネシア語ですることができるようになり、双方向の会話が成立するようになっていた。

仕事に関する専門の言葉は、インドネシア人も知らない言葉が多いので、一緒になって、調べて、覚えた。

約一年後には、普通に冗談を交えて、従業員と話ができるようになった。覚えてやろうと思っていた期間(53〜54才)はそこまででおしまい。後の10年以上は、覚えようと思わなかったが、インドネシア語しか使わなければ、自然増で覚えるものです。今では、話だけして、顔を見なければインドネシア人と話をしていると思われるようになっています。

ありがとうを“テリマカシー”ということはありません。“マカシー”か“マカシーヤ”と自然にでます。

日本語を使って日本で生活するのと同じようにインドネシア語を使ってインドネシアで生活しています。

勘違いしている人の多くは家庭教師に着いたり、学校へかよったり、通訳に頼る人です。そういう人は、始めから、インドネシア人とのコミュニケーションを放棄していてそれに気が付かない人です。私はこれ等のことで金も時間も使っていない。インドネシア人と直接話をするために一番邪魔なものばかりです。お金を払って、何時間を無駄に使って、覚える機会を放棄しているのです。笑っちゃいます。そういう人こそ、分からないことを言って、インドネシア人を困らせるのです。自覚がまったくない。

ただし、どうにもならないのであきらめていて、笑ってごまかすことが在ります。それは、nmueの使い分け、rlの使い分け、単語の途中や最後にgが、着くか付かないか、です。特に書く時に困りますが、確率0.5と割り切っています。

 インドネシアは勿論マレー半島を旅する時、覚えたての現地語を使ってみませんか、この人出来る、と、印象付けることができ、親しみを持ってもらえます。地方へ行ってインドネシア語で会話をすれば、この日本人は、すごいと、思われて、大勢の人が集まってきますよ。

 観光客とオジェックスペダといって自転車タクシーです。オジェックはバイクタクシー、スペダは自転車の意味です。菅笠のようなものを被っているので一目で観光客と分かる。バジャイも走っていた。

KOTA駅です。ヨーロッパ式の駅で、通り抜けのホームではありません。地方への多くの列車はこの駅が始発ですしたが、最近はモナス近くのガンギール始発が多くなっています。バスウェー占有のバス、トランスジャカルタは駅前出発でブロックMバスターミナルまで往復します。車のスリーインワンもここから始まります。

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/

ラフレシアに興味のある方が多いようなので、私の関係サイトを紹介しておきます。

ブンクルーの旅行記などです。世界最大の花という言い方に曖昧なところが在り、ラフレシアが最大というのは私の知るかぎりでは誤りだと思いますが、どうでしょうか。

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage027.html

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage019.html

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage041.html

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage045.html

以下は写真集です

http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0307.html 

http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0304.html

http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage00075.html

http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0314.html

http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0311.html

 記憶するだけ  使う  自発的

(^_-)-普段の感覚

斜めからインドネシアを眺めよう 676

一週間おねがいしていたお手伝いさんが子供の関係で、断ってきたので、新しい人を捜すことにした。

早速、現在キャディを休職させられている女性が暇つぶしの仕事を探していると言うので、来て貰う事にして、ゴルフを終了後、待ち合わせをして、家へ連れてきた。休業の理由が面白いというか気の毒、太り過ぎだと言う、三か月前に、身長と体重を測定して、その比率が太り過ぎということらしかった。三カ月以内に体重を下げるように言われて、目標を達成できなかったときは三カ月の休業を命じ、その間に減量出来れば再雇用するという話になっているのだそうです。それが適応されてしまったのです。

その女性、見た目、均整のとれたスタイルで、太り過ぎには見えない。どういう基準になっているのでしょうか、彼女が気の毒だと思う。今日改めて本人に聞いたら、SMSで化粧の仕方が悪いから来なくていいと言われたとか。25人先週言い渡され、今週5人また言い渡されたそうです。

気にいっていて、指名するプレーヤーがいる子も、容赦なく自宅待機にするそうで、一部の客が怒っているようだが、この制度、いつまで続くのでしょうか。

一年半ぶりにジャカルタのインターコンチネンタルのタケノコ診療所へ行ってきた。目的はパニック障害の薬が一回分になってしまったので、万が一の不安を消すためにその薬を処方してもらうこと、今回、新しい、保険会社の海外保険なので、その保険が使えることを確認したかった。それから、オマケで、頻繁に尿意を感じて起きてしまうのを何とかしたい、これは誰でも知っている甲状せん肥大原因と言いながらお尻の穴に指を突っ込んで、そうでもないな、でも、そうしておきましょうというお感じ、もう一つのオマケは、水虫の症状の右足の痒さを何とかしてほしい、でした。これも、検査の結果、水虫とは断言出来なかったらしいが、一応、症状から、水虫にしましょう。と言うことで、それらの薬も貰った。保険はしっかり効いた。一銭も払わなかった。

いずれも、深刻ではないので、ちょっとしたジャカルタトゥールでした。ビル火災(訓練?)の現場に遭遇した。と、タケノコ診療所の一部。

スイス氷河特急の脱線事故、日本人が亡くなったり重傷だったりと、ニュースが飛び込んできた。私も、昔、一部区間で利用したことがあるが。9月にもベルニナ地方を主にトレッキングしたいと思い、山小屋を一週間借りることにしてある。処で、ジャカルターミュンヘン(SQ)1450US$でした。安い。コリアンでインチョン経由、ジャカルター富士山静岡が1350US$これと比較して、お得感が一杯である。

病院  気分転換  事故

(^_-)-再びeu

斜めからインドネシアを眺めよう 680

約4年ぶりに再入場を果たしたが、淡々としたものでした。私の部下ではなく、元社長の部下も私が引き取っていたので、内部を知り尽くしているという理由で一緒に連れて行って確認の手伝いをしてもらった。私と彼らの組合せは、元の社長にとっては在ってはならないものだと思うが、現実に私が面倒を見ているのを目の当たりにしてどう思ったでしょうか。

PTKITAGAWAを解雇された従業員の主だった人達、ほぼ全員の再就職の面倒を私が見たのです。今の会社にも多くの人を引きとりました。総務、経理、射出部門のトップ、押出のメンバー全員、メンテナンスなどなどです。間もなく、射出の方の仕事が本格化すれば、KITAGAWA当時の契約社員だった人達もまた契約社員として採用できるように手伝うことになる。

 

話は飛びます。最近インドネシア語に関する質問で、私が書いたスペルが間違っていると思っている人が多いように感じます。読みからスペルを想像して、間違えていると思うのでしょう。

Bekerja(ブクルジャ)です。ベケルジャではありません。Bukurjaとは書きません。

“仕事をする、働く”の意味です。

Bekasi(ブカシ)です。ベカシではありません。Bukasiとは書きません。“都市、県の名前“です。

Bersama(ブルサマ)ベルサマではありません。Bursamaとは書きません。“一緒に、皆さんと”、という意味です。

 名詞を動詞に変えるために頭に付けるBerBeは全部ウと発音します。

もともとマレー語、インドネシア語に、エの口でウと発音する、エとウの中間というよりウに近い発音が有るのです。それをアルファベットで表すのにeを使ってしまったのです。聞く限りではウに限りなく近いので、書くときに間違えるのは当然です。インドネシアの小学生のインドネシア語の勉強で一番難しいのがこのことらしい。書きとりでeuか迷うのです。彼らにとっては発音を聞いてやはり区別ができないようで、丸覚えをするしかないようです。

 辞書にはエと読むeの上にウムラウトのようなものを(小さい点が二つ)載せてあるものが多い。それらは、英語からインドネシア語になった単語が殆ど全部です。

 

 インドネシア語は日本人にとって大変覚えやすい外国語です。その使用人口はマレースア、シンガポール、インドネシアで殆ど共通で4億人以上います。日本語より遥かに人口は多いのです。

 発音は日本語とよく似ている(例外はある)し、単語も意味は違うが日本語と同じものが沢山ある。そういう意味で、単語を覚えやすい。単語を覚えれば、順番は余り気にしないで、並べるだけで、しゃべってしまえばいいのです。最初は接続詞を考えない方が良い。それで、通じます。日本人がインドネシア語を話せると分かれば、突然、親しさが表面に現れます。

 ところが10年以上もインドネシアにいてインドネシア語をまともに話せない日本人がいることも事実で、そういう人は、100%ソンボンです。

 ぜひ、公民館などにインドネシア語教室が有れば覗いてみてください。マラッカ、クアラルンプール、バリやボロブドゥールなどへ旅行した時、楽しさが増すと思います。

平均年齢、多分、67〜8才の仲間たち。四人の中で私は下から二番目、皆さん、元気元気、そして、経験も知識も豊富、話していて参考になることが沢山あるし、生き方に対する刺激に、多いになる。

簡単  単語  会話

7月29日  (^_-)-インドネシアの天気

斜めからインドネシアを眺めよう 681

 日本で大雨が降り続いて土砂崩れが多発したことや、猛暑が続いたり、雷が多発したりしていることと何か関連が有るのでしょうか。

インドネシアの乾季はどこへ行ってしまったのでしょうか、二三日ちょっと乾季かなと思わせる日があっても、すぐに、毎日の雨模様に戻ってしまい、今週は毎日うっとうしい雨が降っている。この時期一人暮らしの私としては、外へ出しておくわけにいかないので、洗濯ものが乾かないのが悩ましい。

  不思議にインドネシアの人は車を綺麗に磨いている。この変な気候の時でも、毎日、まめに洗っているようで、高速道路から出るときのゲート手前の行列で、汚れた車は殆どないと言うより、汚れた車は私の車だけである。堂々たるもので、どんなもんだと言うくらいに汚れている。一週間に一回、土曜か日曜に洗っているが、月曜日にはもう洗う前と同じ状態になってしまう。次に洗うまで、汚れが増すという感じはない。

 おそらく今年のムディック(ラマダン帰省)

http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0101.html

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/

は全国的にひどい状態の道を変えると思う。全く、修復が進んでいないと言うより、ますます、穴は広く深くなっているはずです。ですから、交通事故も増えるだろうし、車やバイクの故障も増えるでしょう。ますます、渋滞が激しくなることが予想される。

 インドネシアに天気予報はあることは在る。しかし、誰も、当てにしていない。天気予報の内容はいつもきまっている。晴れ処によってにわか雨、それだけです。天気予報を出す人の心境はどうなのでしょうか。自分でも、いい加減だと思っているはずです。インドネシアに傘はあるのでしょうか、と、疑いたくなるほど、傘を持っている人は少ない。折りたたみ傘も売っています。事実、雨が降っていても傘をさして歩いている人はほとんどいない。皆さん、濡れたまま歩いているか、雨宿りの場所まで走っている。インドネシアデの人々は、濡れる、ぐしょ濡れになることはあまり気にしていない。濡れてもすぐ乾くし、濡れている時と、濡れていない時に区別はないようです。どうでもいいことなのです。バイクの連中は基本的には雨宿りです。長ければ一時間くらいは留まっている人もいますが、30分もすれば、雨は小降りになり、再び走りだせます。しかし、これも、もし、雨が小降りにならなくても、待ちきれなくて、濡れても仕方が無いと走り出してしまうバイクが殆どです。バイクタクシー(オジェック)もお客さんも濡れることで文句を言う人はいません。

  ということで、平均気温が28〜9℃±5℃のインドネシアでは濡れることは気にすることではないのです。それに、一日中降り続くことは稀だし、カット晴れあがって、強い日差しでいつの間にか乾いてしまいます。季節は日本の夏だけと思えば、そんなものだと思います。

 もっとも、インドネシア人の厚着にはびっくりするし、矛盾を感じます。

 道端、テント張り高級レストラン、鶏、牛、羊や山羊の肉の串焼きをサテと言います。それらを使ったスープをソトと言ったりソプ、スプと言います。私は、こういうところへ寄って、ブンクス(包むという意味ですが、油紙やポリ袋に入れてもらう)にして、家に持ち帰って食べます。ちなみに、全然関係ないが、カラオケから女の子を連れ出すことを業界ではブンクスと言います。参考までに。

 厚着  雨宿り  びしょ濡れ

7月29日  (^_-)-インドネシアの天気

斜めからインドネシアを眺めよう 681

 日本で大雨が降り続いて土砂崩れが多発したことや、猛暑が続いたり、雷が多発したりしていることと何か関連が有るのでしょうか。

インドネシアの乾季はどこへ行ってしまったのでしょうか、二三日ちょっと乾季かなと思わせる日があっても、すぐに、毎日の雨模様に戻ってしまい、今週は毎日うっとうしい雨が降っている。この時期一人暮らしの私としては、外へ出しておくわけにいかないので、洗濯ものが乾かないのが悩ましい。

  不思議にインドネシアの人は車を綺麗に磨いている。この変な気候の時でも、毎日、まめに洗っているようで、高速道路から出るときのゲート手前の行列で、汚れた車は殆どないと言うより、汚れた車は私の車だけである。堂々たるもので、どんなもんだと言うくらいに汚れている。一週間に一回、土曜か日曜に洗っているが、月曜日にはもう洗う前と同じ状態になってしまう。次に洗うまで、汚れが増すという感じはない。

 おそらく今年のムディック(ラマダン帰省)

http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0101.html

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/

は全国的にひどい状態の道を変えると思う。全く、修復が進んでいないと言うより、ますます、穴は広く深くなっているはずです。ですから、交通事故も増えるだろうし、車やバイクの故障も増えるでしょう。ますます、渋滞が激しくなることが予想される。

 

 インドネシアに天気予報はあることは在る。しかし、誰も、当てにしていない。天気予報の内容はいつもきまっている。晴れ処によってにわか雨、それだけです。天気予報を出す人の心境はどうなのでしょうか。自分でも、いい加減だと思っているはずです。インドネシアに傘はあるのでしょうか、と、疑いたくなるほど、傘を持っている人は少ない。折りたたみ傘も売っています。事実、雨が降っていても傘をさして歩いている人はほとんどいない。皆さん、濡れたまま歩いているか、雨宿りの場所まで走っている。インドネシアデの人々は、濡れる、ぐしょ濡れになることはあまり気にしていない。濡れてもすぐ乾くし、濡れている時と、濡れていない時に区別はないようです。どうでもいいことなのです。バイクの連中は基本的には雨宿りです。長ければ一時間くらいは留まっている人もいますが、30分もすれば、雨は小降りになり、再び走りだせます。しかし、これも、もし、雨が小降りにならなくても、待ちきれなくて、濡れても仕方が無いと走り出してしまうバイクが殆どです。バイクタクシー(オジェック)もお客さんも濡れることで文句を言う人はいません。

  ということで、平均気温が28〜9℃±5℃のインドネシアでは濡れることは気にすることではないのです。それに、一日中降り続くことは稀だし、カット晴れあがって、強い日差しでいつの間にか乾いてしまいます。季節は日本の夏だけと思えば、そんなものだと思います。

 もっとも、インドネシア人の厚着にはびっくりするし、矛盾を感じます。

 

道端、テント張り高級レストラン、鶏、牛、羊や山羊の肉の串焼きをサテと言います。それらを使ったスープをソトと言ったりソプ、スプと言います。私は、こういうところへ寄って、ブンクス(包むという意味ですが、油紙やポリ袋に入れてもらう)にして、家に持ち帰って食べます。ちなみに、全然関係ないが、カラオケから女の子を連れ出すことを業界ではブンクスと言います。参考までに。

 厚着  雨宿り  びしょ濡れ

 

 

7月30日  (^_-)-インドネシア歌事情

斜めからインドネシアを眺めよう 682

“心の友”“雨宿り”

一週間ぶりの再トライでした。また、新しい改良型を作ったのでその確認でした。まだ、不満点はある。明日明後日でトライを繰り返し、月曜日にはこの金型での限界を確定しようと思う。

 

ところで、また、話は相当遠いところへ飛びます。インドネシアで一番知られていて歌われている日本の歌のタイトルを知っていますか。その歌手は誰か知っていますか。松田聖子?宇多田ひかるでしょうか。サザンでしょうか。SMAPでしょうか。これ等のグループや歌手のCDやカセットテープは売られています。それは、台湾と香港製のCDです。日本から入っている物はありません。彼らではありません。

五輪真弓の“心の友”です。私が知る限りでは、1990年ごろでしょうか、それよりもっと前でしょうか、それより後ということはありません。1996年、初赴任した時に、従業員から、心の友を歌えるか、と、聞かれて、歌えるなら、歌って欲しいと言われた。そして、歌詞の全部の意味を教えてほしいと言われた。五輪真弓と言えば“恋人よ”一発歌手としか思っていなかったので、なにそれ?という感じだった。知るわけがないでしょ、という感じだった。ところが、しつこく、次々と聞かれる。アルファベットで全歌詞を書いてほしい、とも、多くの若者から、言われた。

 

あまりにも、多くの従業員から求められるので、赴任した年の暮れに帰国した際、五輪真弓の多分これだろうと思われるCDを購入した。なるほど聞いてみると、単純な分かりやすいメロディでインドネシア人に分かりやすいのかなと思った。

早速、ローマ字で全歌詞を書き、その下に、インドネシア語訳を書いた。再びインドネシアへ戻って、皆さんに配った。この歌は現在でもインドネシア人の心を掴んでいて、何か困難なことが有った時、例えば大地震や大津波の大被害に会った時、良く歌われます。”Sahabat dalam hati”と、インドネシア語ではあらわされると思います。もう一曲おなじCDの中にある“雨宿り“も親しまれています。実際に雨宿りはインドネシアの風物詩ですから、それから連想される詩の内容が分かり安いようです。

 

アテェの大津波の時、ニアス、パダンの地震の時、大勢の人たちに歌われたそうです。

 

しかし、日本人で歌える人はほとんどいません。もし歌えれば、女性にもてます。拍手喝采を受けること請け合いです。

 

日本の歌手がインドネシアのジャカルタ辺りで講演することは全くありません。せすから、インドネシアでは日本の歌手は全く知られていない。カラオケで日本人が歌う歌をカラオケのね〜ちゃんが覚えるくらいなものです。歌に限っては、日本文化は全く入り込んでいないと言っていいと思う。多分、もうからないからだと思う。日本以外の外国からの出稼ぎ歌手は共通語のマレーシアからが多いが、最近、フィリピンから来ているハンサムな歌手が人気になっている。十年ほど前に上田正樹がこちらの有名女性歌手レーザーさんとデュエットを組んで曲を出していましたが、今一の結果でした。

 

インドネシア自身の歌や音楽は長い深い文化を持っているので、インドネシア人にとってはそれでもう十分なのでしょう。懐かしのメロディー懐かしの歌手から、現代の新人歌手まで多彩な顔ぶれが雇用番組にそろいます。その中に、外国人歌手や歌は人様ないと思います。外来の音楽に日本人ほど魅力を感じていないと思う。 

ドイツはニュールンベルグの田舎からニュールンベルグの町を遠く望む、回りは小麦畑です。一ヶ月後にはこの地へ行く予定になっています。ニュールンベルグのおばあさんとの再開も楽しみです。私はドイツ語ができません、彼女、英語が分からないので身振り手振りですが。

 

心の友  雨宿り  有名

 

7月31日  (^_-)-平穏な土曜日

斜めからインドネシアを眺めよう 683

 毎週土曜日に来てもらっているお手伝いさんは、良くやってくれるので助かる。私がやらない洗車も彼女達がやってくれるので、この調子なら一週間に一日だけ綺麗な車に乗れるようになりそうだ。彼女達というのは、キャディを休職させられている子(実は一児の母)とその従妹となぜか2人で来る。私を警戒しているのでしょうか、手当を分けなければならないのに、一人で来る勇気が無いのでしょう。

 

 ゴルフが終わり、12:00過ぎに金型修理屋へ金型を受け取りに行ったら、今日は月末、給料日でした。その金型屋は平日7時間土曜日5時間、一週間40時間という仕事時間になっているので、土曜日、普通なら、皆さん、もう、帰ってしまっていて、守衛だけしかいないはずだったが、今日に限って、全員が残っているようだった。何事か不穏なことでもあるのかと、ちょっと、ビビりながら駐車場へ入ったら。そこの社長が、いつものにこにこ顔で出てきて、もう金型はできているよ、と言ってくれた。金型をチェックしていたら、外でたむろしていた従業員がぞろぞろ入ってきた。まだ、状況が掴めなかった。女性の従業員が何やら封筒の束を持っていて、そちらの方に行く。

 ここで、初めて、あ、給料日か、と気が付いた。皆さん、薄笑いで私の顔を見て行く。現金支給の様子を見るのは初めてだった。そりゃそうだ、私が、この会社のかなりの部分の収入に貢献しているのだから、内心では、少しくらい感謝してくれているのかなと思わせて貰った。全員で、15人くらい、全員私を知っている。町で会っても必ず挨拶をする仲になっている。

  

 それはそれとして、今日も、お手伝いさんが来ている間、家に戻って、また、会社へ行き、20:00過ぎまで、トライだったが、もっともっと、寸法を中心に近付けたいし、外観も改善したい。明日は、金型の修正ができないので、製造条件で改善方法を探る。

ジャバベカゴルフからチビトゥンへ行くには高速道路まで戻るより一般国道を行った方が近いし、早い。ちょっと北へ向かって、ルマーアバン駅で国道に出て西に向かう、途中、コタ チカランの中心地を通る、一本道である。チビトゥンの高速道路の入り口に向かう手前に目的の金型屋はある。ジャバベカゴルフから北へ向かう日本人は一人もいない。

  リッポチカランへ行ったことがある、知っているという日本人は多いが、コタ チカラン(チカランの町)が、どこにあるか知っている、行ったことがあるという人はほとんどいないと思う。通過したことがあるという人もいないと思う。その、コタ チカランの中心地の風景です。国道沿いにあり、チビトゥンとカラワンの間です。高速道路までは10km以上あります。しかし、ジャワ島の各地へ行く定期バスはこの町から出発します。

                    

 給料日  現金支給  残業

 


inserted by FC2 system